ハーフデリヘル嬢とは

今や外国人とのハーフやクウォーターは珍しくありません。特に芸能界やモデル業界での活躍が目立ち、ファッション誌を見ても純日本人のモデルのほうが少ないぐらいです。
当然デリヘル業界にもハーフやクウォーターの嬢が増えています。東京や大阪など都会であればあるほど、また若ければ若いほど多い傾向にあります。

ハーフデリヘル嬢の攻略方法

デリヘル嬢がハーフやクウォーターだった場合、必ずと言っていいほど聞いてしまうのが「どこの国とのハーフ?」という質問です。それに付随して「生まれはどこ?」「育ちはどこ?」「お父さんが何人でお母さんが何人?」というのも聞いてみたくなります。

気持ちはよく分かりますが、ハーフデリヘル嬢はお客さんに会うたび、それにプライベートでも初対面の人に会うたび同じ質問をされています。嬢の気持ちを考えたら、やめておくのが正解でしょう。
それにどこの国とのハーフかぐらいはHPで確認できることが多いので、どうしても気になるようなら自分で調べてみましょう。ほかのお客とは全然違った質問をすることで、ハーフデリヘル嬢にも覚えてもらいやすくなります。

とはいえやはりハーフデリヘル嬢とのプレイはドキドキしてしまいます。日本人のデリヘル嬢とはどこがどう違うのかな、などと考えて胸が高まってしまいますよね。その気持ちは素直に出していいので、嬢を褒める方向に持って行きましょう。
例えば、「日本人の子より肌が白くて好きだなぁ」とか「目がパッチリしていて可愛いなぁ」とかです。

ハーフの女の子にもいろんなタイプがいて、ハーフであることが自慢の子もいればコンプレックスの子だっています。どちらのタイプであっても、褒めることは決してマイナスにはなりません。

ただし、その子の頑張りや才能を全て“ハーフだから”で片づけるのは失礼です。おっぱいが大きいのもハーフだから、肌がすべすべなのも髪がさらさらなのもハーフだから、キスやフェラがうまいのもハーフだから、なんて言っては怒らせてしまいますよ。